日々のあわ2

備忘録。好きなものとかの記録。音楽とかイケメンとか好き。フィンランドかぶれ気味。

2017年夏

今年の夏旅行も無事に決まりました。

やっぱりフィンランドに行きます🇫🇮

これで5回目のフィン旅かぁ、、、

もう私のアナザースカイというか心の故郷。

そして今年は初めてスウェーデンも行っちゃうぜ。

北欧好きってよく一まとめにされるけど私はフィンランドから入ってフィンランドしか知らないから、ちょっと違和感あって。

でも他の北欧諸国も知らないのにフィン以外を悪くいうのも変やしね、ということで満を辞してのスウェーデンデンマークも行きたいんやけど、1週間かそこらの旅行に三ヶ国も詰め込むなんて愚の骨頂だと個人的に考えているので悩んだ末のスウェーデンです。

タリンクシリアラインという(豪華?)客船で一泊することになったので、それも楽しみ。

過去の旅行をまとめることは半ば諦め気味ですが←

今年の旅行はできるだけリアルタイムで記録に残しておこうと今は思ってる。今はね。

フィンに留学経験のある子と一緒なので今までとはひと味違う旅になりそうだ。

もちろん新しくなったタンペレムーミン美術館にもいきますぜ。

スウェーデンで何するかは全く未定やので決めねばやけど、まぁ現地で気になったところ見ればいいかぁくらいのテンション。フィンランドへの熱量との違い笑

ヘルシンキでは去年目をつけたキルプットリ(リサイクルショップ)を何件か回るつもり。あとは大型スーパーは必須。ヘルシンキの街中によくあるkmartじゃなくて、郊外にあるkcitymartが素晴らしいのだ。あーはやくあの空間の空気吸いたいわ。

この旅行を心の拠り所にして、あと2ヶ月ほど頑張る!!

広告を非表示にする

食器棚がやってきた

食器棚が欲しい欲しいと言い続けて早三年。

ついにその時が。運命の出会いから2週間、待望のマイ食器棚ちゃんが我が家へ。

 

もうね、めちゃくちゃ気に入った。

店にあるときより、食器入れてからの方がずっとずっといい感じ。我が家のインテリアにも完全にマッチしとる。ずっと前からいたんちゃうか、みたいな。

飾ってもらうのをクローゼットの隅で待っていた大量の食器達がほんとに嬉しそう。

しかし食器棚に入れてみて改めて食器の多さに我ながら驚いた笑

全部入れるの無理やったし笑

そしてすでにもう新しいの買ってもたし。

ブラパラのコーヒーカップソーサーとムーミンの冬マグ。良いねんずっと欲しかったやつやし。っていう言い訳いつもしてるけど。

届くの楽しみだー!

 

なんでも無い日

旅行記書けない病を患ってます。

気を取り直してただの日記を。

 

最近は仕事のモチベーションが上がらなさすぎてつまらない。

転職というより自分でお店をしたいけど、勇気がなくてできない。だめな凡人。

でも思い返せばわたしは子供の時から自分で小さなお店をするのが夢だった。小学生時代は薬剤師になって田舎の森で薬屋さんをしたいとか思ってた。たぶん魔女の宅急便から影響受けとる。

中学は家で料理教室して料理の本を出すのが夢だった。どこのセレブ妻。

高校ではなぜか弁護士になって事務所を構えて同じ敷地で雑貨屋やりたいっていう非現実な夢を描いてた。

そして大学では弁護士引退してからカフェとかスナックとかやりたいーってなって、

結局いまは普通に働いとる。

全然あかんやん。

退職してお店をやるなら、目標に向けて具体的に何をやればいいのか、何ができるのか、明確にしていこう。

進まねば。

 

完全に話は変わるけど、食器棚をやっとこさ購入した。ほんとはデンマークのヴィンテージを狙ってたし、意外とお値段的にも買えそうやったのに、気づいたらunicoの展示処分品をお買い上げしていたよ。

ガラス扉が付いていて、引戸で、隠せる部分もあって、っていう私が食器棚に求める項目を全部クリアしてた。

背が低めでチビの私には使いやすいし。

ということで、ヴィンテージはまたのお楽しみに。

明々後日に届くのでずっとイメトレ中。

溢れて収納できない食器たちにやっと日の目を当ててやることができる!

ムーミンマグももはや何個もっているのか分からない。数えよう。

広告を非表示にする

志村正彦について

フィンランド旅行まとめるとか言って、結局半年放置。

今年の夏のフィンランド旅行もまとめなきゃ、どんどん記憶が薄れていくばかり。

今年中になんとかしよ。

 

ということで(?)

今日は志村くんのことを書く。

急に書きたくなったから、書く。

志村くんというか、フジファブリックとわたしの出会いは遡ること約10年前。

当時の彼氏(今の夫)が大学で軽音サークルに入っていて、学祭でライブするよってことで、なんとなく見に行った。

最初の曲でいきなり心を鷲掴みにされた。なんか、今まで聴いたことない感じやけど、何故か懐かしくて、かっこよくて、なんなんこれ?みたいな。楽器とか全然詳しくもないし、音楽のセンスがある訳じゃないけど、これは、凄いぞと。

それがフジの線香花火って曲やった。

あとは、桜の季節、桜並木二つの傘、陽炎、ダンス2000やったかな、、、今思い出しても素晴らしい選曲。

それで、とにかく衝撃を受けたわたしはすぐに彼氏に音源を貰って、そこから毎日行き帰りの電車の中でフジを聴きまくった。

インディーズ時代のCDも借りたり買ったり、とにかく全ての曲を知りたくて、聴きまくった。

志村くんの作る音楽になんでそこまで惹かれたのか、結局はフィーリングが合ったってことやけど、1番は歌詞の魅力かなと思う。

単純で簡単な言葉ばっかり並べた薄っぺらい歌詞の歌が世間では流行していて辟易してたけど、フジの歌は違った。聞いたことがないような擬音語、擬態語が多用され、歌詞を聴いているだけで、頭にその風景が浮かび上がってくるような感覚。

それがとても好き。

あとは急に思いもよらない転調をする曲が多いことにも衝撃を受けた。そうくる??みたいな。でもいつの間にかそれが癖になってくるから不思議。

 

新曲が出れば買ったし、ライブにもたくさん行った。

大学を卒業して、大学院に入り、自習室でずーっと勉強しなきゃいけない時も聴いてた。

就職して彼氏と別れた時、辛すぎて帰りの電車で泣きながら聴いた。

気づけば私の生活には無くてはならない存在になっていた。

 

そしてクリスマスイブの突然の訃報。

ネットニュースで最初に見た時は本当に目を疑った。や、なんの冗談やねん?て。ありえへんやろ、て。

でも本当やった。

志村くんが死んじゃった。志村くんがもういないなんて、、、

有名人が亡くなって泣くなんてこと自分には無いと思ってたけど、めっちゃ泣いた。いつまでも辛くて、信じられなくて、どうしようもない気持ちになった。

 

志村くんが亡くなって、お別れの志村會が開催された時、私は就職一年目で、初めての有給休暇を使って午後の休みをもらい東京に行った。日帰りで。

献花をするためのお花を職場近くの花屋さんにお願いして作って貰った。志村くんの誕生花であるトルコキキョウを入れてくだいって頼んで。

中野サンプラザにはたくさんの人が来ていた。でも、私は志村くんのかっこいい遺影を見ながら、なんか夢の中にいるみたいな気持ちになってボンヤリしていた気がする。現実味が無くてふわふわしてて、正直あまり覚えていない。親族の方がいらっしゃって、献花する人たちに毎回頭を下げてくださっていたことはとても覚えているけれど。

そのあと、東京観光する様な気分にもなれず。近江屋洋菓子店のフルーツポンチだけ買って帰った。そんな時でも美味しいものには目がない。

 

いまだにフジの昔の曲は周期的に聴きたくなるので、志村くんのことはしょっちゅう思い出す。志村くんが残してくれた歌はいつまでも残っている。それだけが救い。

フジファブリックを続けてくれているそう君、加藤さん、大ちゃんには感謝しかないけれど、やっぱり志村くんがいないフジをみるとどうしても思い出して辛くなる。

志村くんがいなくなってからも何回かライブには行ったけど、毎回志村くんを思い出して泣いてしまうので、もう行かないことにした。なんか、今のメンバーに申し訳ない気がして。

 

ついこの前、プリンセスメゾンというBSのドラマを見ていたら、急に聞き覚えのある声の曲が流れて来て、それが茜色の夕日で、不意打ちすぎてびっくりした。そっからはそればかり気になってドラマの内容をあまり覚えていない。

そしてやっぱり志村くんに会いたいなぁと思ってしまった。

気づけばわたしは志村くんの年齢を追い越してしまったよ。もし普通に志村くんが生きていたら、30歳の志村くん、40歳の志村くん、50歳の志村くんはどんな曲を作ったんだろうかとよく考える。

志村くんの新しい曲をもっと聴きたかった。でも、残してくれた曲たちはとても素敵なものばかりで、それらを私にくれたことにとっても感謝しているし、これ以上望んじゃあかんよね、と思うようにしてる。

 

また今年もクリスマスがやってくる。

トルコキキョウを飾ろう。

 

 

 

 

広告を非表示にする

2013年フィンランド②

2日目は朝から犬ぞり
なんせオーロラ観察時間までは時間を持て余すだろうと予想していたので、オプショナルツアーを事前に申し込んでおいた。
天気は快晴。
部屋の窓からは白銀の世界が。
f:id:jasminnn:20160510004528j:image
朝食を食べにホテルのレストランへ。
結構広い。
f:id:jasminnn:20160510005146j:image
朝食はビュッフェ。種類も豊富。
自分で焼くタイプのワッフルが、もっちもちでめちゃくちゃ美味しかった。今まで食べたワッフルの中でダントツの1位。
f:id:jasminnn:20160510005751j:image
朝のホテル前。いい天気!
f:id:jasminnn:20160511223658j:image
バスに揺られて、、
f:id:jasminnn:20160511225246j:image
犬ぞり場?的な場所に到着
f:id:jasminnn:20160511234918j:image
ザ北極圏な帽子を借りて
f:id:jasminnn:20160511230637j:image
乗そり。
f:id:jasminnn:20160511231635j:image
ソリは2人乗りで、前に1人が座り、後ろに1人が立つ。後ろの人が足でスピードを調節して操縦する。
っていうのを英語で説明されただけで、特に練習とかもなく、スタート。
f:id:jasminnn:20160511232236j:image
結構なスピードで怖いくらい。ワンコが頑張って走ってくれて、可愛い。
女子2人やと重みが足りないらしく、スピードを落とすように体重をかけてもなかなか止まってくれない、、。そのくせ上り坂にさしかかると、みんなしてソリを押してくれという顔でこっちをちら見てくるから、面白かった笑。
f:id:jasminnn:20160511232551j:image
それにしても、景色が素晴らしくキレイすぎて、、、、
空の青と樹々の白だけの世界。走り抜ける爽快感。寒さを忘れるくらい気持ち良かった。

私たちのために走ってくれてありがとう。
f:id:jasminnn:20160511233053j:image
f:id:jasminnn:20160511234625j:image
最後にあったかい暖炉の小屋でティータイム。
f:id:jasminnn:20160511234818j:image
予想以上に楽しかったー!!!

その後はカウニスパの丘へ。
昼間はスキーバスが巡回していて、頂上までいけます。
こんなバス。
f:id:jasminnn:20160512000123j:image
頂上!前日真っ暗な中で凍えながらオーロラを見たのもここ。
f:id:jasminnn:20160512000227j:image
で、この雪で真っ白な建物の中にレストランがあるので、ランチをすることに。
Huippu(フイップ)というレストラン。
店内はこんな感じ。
f:id:jasminnn:20160512000413j:image
サーモンスープ!フィンランドの食べ物と言えば、でまず一番に挙げられるサーモンスープ!
f:id:jasminnn:20160512000704j:image
これがまたもぅ、めちゃうまで。結構な量をあっという間に完食。食器とかもなんかいちいち可愛い。

頂上からの景色。これまた美しい。こんな景色今まで見たことないよ〜
f:id:jasminnn:20160512001005j:image
f:id:jasminnn:20160512001019j:image
この後はソリで下山。
ここはソリがその辺に置いてあって、無料で滑り放題なのです。
f:id:jasminnn:20160512001305j:image
距離は結構あって、スピード出るとこもあって怖いけど楽しい!!!
f:id:jasminnn:20160512001415j:image
下山して街へ出る頃には日もだいぶ暮れていた。
f:id:jasminnn:20160512002051j:image
レストラン。高級と聞いたので行けなかった笑
f:id:jasminnn:20160512002605j:image
本日もスーパーへ夕飯の買い出し。
くまビール箱積み
f:id:jasminnn:20160512002646j:image
牛乳パックのこの可愛さ
f:id:jasminnn:20160512002713j:image
お部屋に戻りご飯。また写真なかった。
このジュースがどの味も美味しくて、フィンランドにいる間めっちゃ飲んだ。
f:id:jasminnn:20160512002739j:image
その後は、2人とも疲れがピークで21時頃まで爆睡。
起きてから、ホテル内にあるオーロラを見るための部屋へ行ってみた。窓から外を見ていると、イスラエルから来たという旅人のお兄さんが、黄色っぽく見えているのがオーロラだよと教えてくれた。片言の英語でなんとか会話ができて、ほっこり嬉しい気持ちに。

一応オーロラが出ているみたいなので、頑張ってまた丘を登ることに。
ソリを持って登る。しんどいけど、帰り道をソリで滑るために頑張った。

肝心のオーロラは一応見えたけど、前日より薄くて期待はずれ。
でもでも、星がびっくりするほどキレイで、距離も近くて、それだけで十分感動。
なんだかんだで2時頃まで粘った。
そしてソリで下山。
この日2度めのソリ滑り。
深夜、満天の星空の下で、ソリを滑っている自分、しかもフィンランドにいる、という事実が謎すぎて、なんか面白くて笑いがこみ上げてきた。最高すぎる。ほんとに忘れられない経験になった。
2日めはこれにて終了。










憂鬱

長かったゴールデンウィークも今日で終了。やろうと思ってたこと、ほとんどできてない笑。
明日からのこと考えると憂鬱、というか絶望しかない。
フィンランド旅行記はゴールデンウィーク中にいっぱい書こうと思ってたのに、結局やり始めたの今日やし、1日分書くだけでめっちゃ疲れてしまった。
1つの目標やった、夏の旅行の予約はできたので、まぁ良しとするか。
今年はフィンランド行きます。
デンマークも行くか悩んだけど、結局ヘルシンキのみにした。ヘルシンキを拠点にエストニアのタリンや近郊の街に行ってみようかなと。
楽しみ楽しみ。
これを励みに仕事を頑張るしかない。
あーでもやっぱり絶望。
広告を非表示にする

2013年フィンランド①

今更ながら、過去のフィンランド旅行をまとめることに。
2013年は、記念すべき初めてのフィンランド。この旅をきっかけにして、以後ムーミン大好き、イッタラアラビア大好きのフィンランドかぶれ人間と化すことに、、、。

2013年2/9〜14、サーリセルカ3泊&ヘルシンキ1泊の4泊6日。目的はオーロラ。
就職して3年目くらいかな?オーロラ見たいなぁ、って同期の友達となんとなく喋ってたのが、気づいたら、ほんまに行くことになって。私は仕事休むことに最後までびびってたけど、友達の勢いに押される形でどんどん話が進んでいった。今思うと、これがなければ結局うだうだと行きたいなぁって言ってるだけやったんやろなぁ。友達にはほんまに感謝しかない。
この旅で私の人生は変わったよー。

1日目。
まずは関空からヘルシンキのヴァンター空港へ。飛行機はフィンエアー
昼前発の便で、到着は現地時間午後3時頃。

機内食。味はそんなに悪くなかったよ。
f:id:jasminnn:20160508173445j:image
食後の飲み物。
f:id:jasminnn:20160508173505j:image
紙コップやナプキンのデザインがいちいち可愛いくて、ミルクのパッケージまで可愛いくて、すっかりフィンエアーファンに。

ガイドブックで予習したり、寝たりしてたら、あっという間にヘルシンキに到着。9時間半は早い。前にフランス行った時とは大違い。
しかしめっちゃ寒い、、、
f:id:jasminnn:20160508173155j:image
ウニッコ機には乗れなかった〜。
f:id:jasminnn:20160508194235j:image
ヴァンター空港。何もかもオサレ。
f:id:jasminnn:20160508194507j:image
f:id:jasminnn:20160508174621j:image
ムーミンショップ!
f:id:jasminnn:20160508194756j:image
ニョロニョロの目が光ってる、、
f:id:jasminnn:20160508194855j:image

飛行機を乗り継いで、いざ北極圏へ。
機内から見える空がなんともきれいでした。
f:id:jasminnn:20160508173906j:image
f:id:jasminnn:20160508174141j:image

1時間半くらいでイヴァロ空港に到着。
f:id:jasminnn:20160508195546j:image
ついにラップランドに来てしまった。
そしていきなり外を歩かされる笑
f:id:jasminnn:20160508195153j:image
ちなみに2月の平均気温は-15℃程度のはず。
寒くて寒くて凍るかと思った。

空港からバスに30分ほど揺られて、(立ちっぱできつかった、、、)やっとサーリセルカのホテルに到着。
f:id:jasminnn:20160508200940j:image
リエコンリンナというホテル。雷鳥っていう意味らしい。雷鳥って聞くと信州を思い出す。
f:id:jasminnn:20160508201133j:image
お部屋はちょっとログハウスぽくて、可愛い。ラップランドって感じ。
f:id:jasminnn:20160508202740j:image
チェックインして、現地の日本人スタッフから色んな説明を聞くタイム。私達以外の日本人は2組くらいで、意外と少なかった。
スタッフのおじさんによると、オーロラは夜22時から深夜2時くらいまでが特に見える確率が高いとのこと。
ただ、オーロラが見えるかどうかは運なので、期待しすぎずに的なことを言われる。雲が無く、晴れていて星が見えることが絶対条件。でもここ最近は結構よく見えているから、見える確率は高いかも、とも。
22時まではまだ時間があったので、レンタルの防寒具を借りて、とりあえずは散策と食料を調達しようということに。

街歩き基本スタイル。
f:id:jasminnn:20160508221814j:image
ヒートテックの重ね着、タートルネックのセーター、タイツ靴下重ねばき、スキーウェアのパンツを履いてから、レンタルのつなぎ。靴もレンタルで、ごついやつ。これでも寒いっていう。恐るべし北極圏。
完全防備で町に1つしかないスーパーへ。
奥の黄色の看板がスーパーで、手前の赤く光ってるAlkoという文字の店はアルコール専門店。
f:id:jasminnn:20160508204050j:image
で、食べられそうなものを購入して、ホテルで少し休憩。疲れてたのか、ビールの写真しか無い笑。左がカルフ(日本語で熊)で右がサンデルス。どちらもフィンランドの定番とガイドブックに載っていたので購入。詳しくは忘れたけど、普通に美味しかった。
f:id:jasminnn:20160508210737j:image
22時前になったので、メインイベントのオーロラを見るため、ホテルの裏にあるカウニスパの丘へ向かうことに。頂上がオーロラ観測スポットになっていて、歩いて登れるらしい。
ホテルを出て丘を目指して歩いていたら、すれ違った現地人らしき人に、オーロラ出てるよ!って教えてもらったけど、よく分からず、、。ぼんやりした雲みたいのは確かに見えたけど。
で、寒く、暗く、私達以外に人気もない中、雪山を30分くらい?ひたすら登る。苦行でしかない。笑。途中で空のもやもやを写真に撮ってみると、うっすら緑になってて、これ、もしやオーロラ?!と興奮して、写真を撮りながら頂上へ。
寒すぎるけど、しばらく頂上に留まり、オーロラ観察をすることに。友達と喋りながら、身体を動かしたりしながら、寒さをやり過ごしつつ、空を見続ける。
目視やとここまで緑ではないけど、確かにオーロラ。
f:id:jasminnn:20160508214331j:image 
しばらく経って私達以外に人がいなくなる。
それでも粘っていると、12時くらいに結構すごめのが来た。
f:id:jasminnn:20160508214721j:image
私達が申込みをしなかった、バスツアーの人たちがバスで頂上にきたり、、
f:id:jasminnn:20160508215146j:image
オーロラはどんどん動いていく。
f:id:jasminnn:20160508215242j:image
f:id:jasminnn:20160508215303j:image
f:id:jasminnn:20160508215319j:image
こんな感じでこの日は終了。
一応ミラーレスのデジタル一眼を持ってきてはいたものの、まさかオーロラの写真を撮れるとまでは考えてなくて、三脚も勿論無いので、全部手ぶれがひどい。。15秒くらいの静止する時間が、寒さで辛くて辛くて笑
でも、頑張って撮りました。
結局深夜2時まで粘り、帰って爆睡、と。
まさかの初日からオーロラを見れてしまうというミラクル。